進化しなけりゃ意味がない

先生より

進化しなけりゃ意味がない

ここ数年はずっとこの考えが頭を支配している。

今日何を達成したか?今日何を学んだか?

1つでも達成し、1つでも学ばないと、生きている意味が肯定できないと思っている。

逆に一つでも学び、見て、覚えることがあれば生きてて良かったと思える。

もちろんこの考え方は見方によっては病的に映るかもしれないね。

生きるということは本来はもっとより自然体なのかもしれない。

普通は1日毎に進化したかどうかなんて考える人はほとんどいないと思う。

私の嫁さんに言ったらきっと?マークが返ってくるタイプの会話だな。

でも、私はやっぱり違う。

ああ今日は退化したかもしれないと思う時は、本当に気分が落ち込む。

逆に今日はやり切った、学びが多かったと思うと、生きていて良かったと思う。

もっと頑張ろうと思える。覇気をまとうことができる。

他方で、例えば、こんなことを思うこともある。

立派な家に住んで、妻子に恵まれ、一生分のお金を稼ぎきった今、これ以上何を求めているのかな、現状に満足しないと罰が当たるぞ、と思うことはある。

この現状に対する満足と自己否定がたいていは対立しているが、いつも最後は、自己否定が勝つ。

でも、それで今は良いと思っている。奥さんも理解してくれている。

そのうち、感謝だけで毎日を生きる日も来るだろう。

しかし、ここで満足したら少なくともこれ以上はもう上に行けない。

だから、進化したかどうかを自分に毎日問いかけている。

ちなみに、退化とはマイナスなことをする日か、あるいは、何もしない日のことだ。

今ではめったにないがそれでも年に何回かある。

ああ、退化したなと本当に思う。

それだと生きている意味がない。月日は待ってくれない。

歳は重ねる。

1日進化しないことを許すとそれが繰り返されそうだ。

1ミリでも良いから前進する。

進化したかを毎日チェックし始めると、明日からの行動が少しずつ、しかし確実に変わる。

何しろ、一生懸命行動するか、勉強するか、考えを深めないと翌日もまた退化を感じる可能性があるのだから。それは本当に怖い。

そんなことを毎日繰り返すとやがて1か月、1年と過ぎ、随分遠くまで来たと思える。

まだまだ自分の目標に対しては遠い道のり。

それでも将来、自分がやらなかったことや、妥協したことによって後悔したくないので、やる。

これまでも、やって良かったなと後になって思うことしかない。結局それが答えだ。

だけど、最近進化速度が遅いのではないかと、とても自分に対して危機感を持っている。

進化には質と速度があるから。

とりあえず、まずは今月。今月は激しい速度で進化し尽したいと思う。