過食嘔吐の自己紹介

カショー(過食嘔吐)ライフ

ゆのはなです。

初めまして。

カショーがつらすぎてやってきました。

自分の思考の掃き溜めになりそうなブログですが。

人の目無視してそれでもやります。

もがきたいのです。

初めましての自己紹介。

カショーこと過食嘔吐な自己ショー介

カショーちゃん歴10年。立派に重症。

きっかけなんて忘れた、とは言いませんが色なことが重なって始まったものです。痩身願望はもちろんありました。

高校生のときに始まりながらも本格的にカショーちゃんとお付き合いするのは大学生になってからでした。現在は2社目の社会人しています。

現在は中〜重度をうろうろ。

月に2度カウンセリングを受けてます。

カショータイプ1吐きダコ無

よくネットなどで吐きダコの有無で過食嘔吐かどうかわかるて情報を見ます。が、それは吐く際に指を口内に突っ込む人に出来るもの。吐きダコないからこの人は痩せの大食いなだけなんだと判断するのは短絡的ですね。

私は吐きダコがありません。指を使って吐くことは一度もしたことがないのです。腹筋のコントロールが元上手く、腹筋を使って吐けるのです。

一部のサイトには腹筋だけで吐くカショー患者をマスタークラスと表記されてました。わーい

カショータイプ2毎日毎食

カショー患者の中には、朝食だけカショー、夜だけカショー、曜日だけカショーと、一定のコントロールが掛けられる方もいます。私にもそういう時期がありました。

が。今は完全に毎日、過食せずとも毎食吐きます。夜は毎日過食カショーです。時、職場で食べるお弁当はそのまま消化出来ることもありますが、立派に重症です。

カショータイプ3経済困窮

カショーで困るのは大きく分けて健康面、精神面、そして経済面です。

どこに一番苦しむかは人それぞれ。

私は経済面ですね。もちろん健康面でもかなり問題が出てますし、精神面でも良くない状況が出始めています。

それでもやっぱ経済面がつらい。

お金足りないのに、カショーをするのです。ただ吐くならまだしも、通常の人からは考えられないほど買い込んだり、外食をしたりしてしまいます。赤字です。なのにコントロール出来ないのです。

学生時代はバイト代全て使うぐらい。で収まってましたが。当時より収入は数倍あるのに、収入増えただけカショーも増えます。信じられない。ここが一番コントロール不能で怖いところです。そろそろ貯金がそれなりに貯まっていい歳のくせして。

実はいまはまだ親戚の遺産に助けられてます。あるうちにもう数月保たない給料内で生きていけるようにせねば墓前に立てません。ああ不安。

こんな感じでカショーな自己ショー介おわります。また深い経緯などは別に書き留めたい。