悲しくなるね…。

水難事故のトピックスを、ニュースでやっている。小さな子供を連れた、あるパパさんにインタビューしていた。

「ここは遊泳区域外ですが、知ってましたか?」

「はい、向こう(区域内)は混んでるから。区域内も区域外も、海には危険があるから一緒。自己判断する。」

と、良い放った。

こんな人が居る以上、事故は無くならない。

区域外はそもそも、水深はもちろん、離岸流の発生など、危険度が格段に上がる。これ以上先は危ないと言う、ブイも浮いていない。そして何より、ライフガードが居ない。とても一緒なんかじゃないのだ。

私も野遊びが大好きだし、人が少ない所が良いと言う気持ちも分かる。批判する程偉い訳でもないし、只のクレーマーにはなりたくない。

だから、彼らの言動を反面教師として思いたい。とともに、もし、この日記を偶然にも読んでくれたあなたは、どうぞ、「楽しい夏」にしてほしい。

広告を非表示にする

手術直後

さん、終わりましたよ。と女性の声。

ゆっくりと目を開ける。

ああっ、終わったんだぁ、寝足りなぁ〜〜いっ!

が、最初に思ったことでした。

常日頃が寝不足だったので、全身麻酔で、ああ、よく寝たぁ〜〜〜

となるのを密かに期待していました。

すぐにガラガラとベッドを引きずる車輪の音が聞こえて、どんどん移動していきます。

すぐ隣の集中治療室に到着しました。

この間、だんだん目がしゃきっと開いてきて、心の中で実況中継できてました。

今、ベッドごと運ばれています。あっ、隣りの集中治療室に着いた模様です。

ベッドが固定されました。今日の寝床はここになるようです。

全体的に気だるい感じではあるけれど、意識ははっきりしていました。

怖いながらも、ちょっと期待していたことがありました。

麻酔後、人によっては幻覚を見たり、意味不明な言葉を吐いたり。

異次元にいるようだったなどと大袈裟に言う人もいて、私も変わった体験を

ちょっぴり期待していました笑

もしかして、お花畑とか、亡くなった誰かとか、変わった光景を

手術中に見れたりしてなどと妄想もしていました。

現在の麻酔薬はかなり進歩しているとのことです。

覚め易くもなっているのだとか。

全身麻酔は、無痛で、自分の知らない間に手術が行われ、嫌な記憶が残らない

のがメリットで、手術中のことは何も覚えていないのが通常だそうです。

神秘体験や変わった体験は何もしなかったけれど、安全に麻酔が使われ

順調にメスが入れられ手術が滞りなく行われたことは何よりなことでした。

手術は眠っているうちに終わるよ〜とみんなが言ってたのは本当でした。

私は、2時間半くらいで全てが終わったようです。

広告を非表示にする

8月10日ひと言運気

幸せを呼ぶアルケミスト

古舘佑珠です

8月10日ひと言運気予想

一白水星さん

にっちもさっちもいかない困難に出会うかも

二黒土星さん

勢いに任せて進む時、失敗は付き物と思い進むと良いかも

三碧木星さん

行き詰っても、必ずそれを切り開く道がありそう

四緑木星さん

周りの観察をするように自分も見られている事と思って行動すると良いかも

五黄土星さん

生活の仕方を改めると良いかも

六白金星さん

女性に気をつけると良いかも

七赤金星さん

感動するものを見つけるとよさそう

八白土星さん

真面目で誠実な徳を持って初めて才能や財産を蓄えられるかも。目標はしっかりと持とう

九紫火星さん

対立の中でも、手を握れるところを見つけるとよさそう

いつもありがとうございます

8/9day2

今日は点滴。朝食。

点滴ルート確保。

心電図。

精密な点滴をする。

ランチはカツ丼。

外は37。

2機同時着陸。

夕食。

点滴は8時間以上かかった。

アレルギー出て途中1時間中断。

広告を非表示にする

隠岐の島ラーメン@北区本町 0804-2

ラーメン好きの同僚との飲み会後。

記憶にないほど久々に、ラ店のハシゴ。

系列は同じらしい、西隣のお店も健在。

旨味飛魚汁″のフレーズがキャッチ―な還流ラーメン780円の食券を購入。。

シシャモ大のアゴ 見た目は映えるが、予想通り味は抜けており、添え物としては・・

スッキリしたスープは覚えちゃいるが、アルコールまみれの舌と脳が残念。

ウ〜ン。

進化しなけりゃ意味がない

先生より

進化しなけりゃ意味がない

ここ数年はずっとこの考えが頭を支配している。

今日何を達成したか?今日何を学んだか?

1つでも達成し、1つでも学ばないと、生きている意味が肯定できないと思っている。

逆に一つでも学び、見て、覚えることがあれば生きてて良かったと思える。

もちろんこの考え方は見方によっては病的に映るかもしれないね。

生きるということは本来はもっとより自然体なのかもしれない。

普通は1日毎に進化したかどうかなんて考える人はほとんどいないと思う。

私の嫁さんに言ったらきっと?マークが返ってくるタイプの会話だな。

でも、私はやっぱり違う。

ああ今日は退化したかもしれないと思う時は、本当に気分が落ち込む。

逆に今日はやり切った、学びが多かったと思うと、生きていて良かったと思う。

もっと頑張ろうと思える。覇気をまとうことができる。

他方で、例えば、こんなことを思うこともある。

立派な家に住んで、妻子に恵まれ、一生分のお金を稼ぎきった今、これ以上何を求めているのかな、現状に満足しないと罰が当たるぞ、と思うことはある。

この現状に対する満足と自己否定がたいていは対立しているが、いつも最後は、自己否定が勝つ。

でも、それで今は良いと思っている。奥さんも理解してくれている。

そのうち、感謝だけで毎日を生きる日も来るだろう。

しかし、ここで満足したら少なくともこれ以上はもう上に行けない。

だから、進化したかどうかを自分に毎日問いかけている。

ちなみに、退化とはマイナスなことをする日か、あるいは、何もしない日のことだ。

今ではめったにないがそれでも年に何回かある。

ああ、退化したなと本当に思う。

それだと生きている意味がない。月日は待ってくれない。

歳は重ねる。

1日進化しないことを許すとそれが繰り返されそうだ。

1ミリでも良いから前進する。

進化したかを毎日チェックし始めると、明日からの行動が少しずつ、しかし確実に変わる。

何しろ、一生懸命行動するか、勉強するか、考えを深めないと翌日もまた退化を感じる可能性があるのだから。それは本当に怖い。

そんなことを毎日繰り返すとやがて1か月、1年と過ぎ、随分遠くまで来たと思える。

まだまだ自分の目標に対しては遠い道のり。

それでも将来、自分がやらなかったことや、妥協したことによって後悔したくないので、やる。

これまでも、やって良かったなと後になって思うことしかない。結局それが答えだ。

だけど、最近進化速度が遅いのではないかと、とても自分に対して危機感を持っている。

進化には質と速度があるから。

とりあえず、まずは今月。今月は激しい速度で進化し尽したいと思う。